マガジン

お散歩初心者さん必見!お散歩の開始から終わりまで

2021.02.14

今回は「お散歩初心者さん必見!お散歩の開始から終わりまで」についてご紹介します。

まず何をしたら良いんだろう?注意しなきゃいけないことは何だろう?と分からない、知らないことはたくさんあると思います。知識を得て楽しく安全に散歩する為に最後まで読んでみてください。

散歩をするために準備する物、ことは?

散歩をするのに必要なグッズを揃えてある前提でお伝えします。散歩に行く為にはカラーが緩くないかを必ず確認します。万が一抜けてしまっては命の危機にもつながります。カラーの緩さは、指2本が入り抜けない緩さがベストだと言われています。それ以上緩いと抜けてしまう可能性があるのできちんとチェックしましょう。カラーにリードを付けて散歩のスタンバイはOKです!

散歩中に使ううんち袋、ペーパー、排泄物を流す用のお水を必ず持ちます。ポケットに入れるか、かばんで持つなどして手が塞がらないように工夫をすると良いでしょう。万が一歩かなくなってしまった時に使えるように、おやつやおもちゃなどを持っておくと役立つこともあります。

帰宅後に足や体全体を拭く為のウェットティッシュやタオルなどすぐ使えるように準備しておくと帰宅後の作業がスムーズに進むでしょう。準備をしておかないと散歩帰りのワンちゃんが早くお家に入りたくてうずうずしてしまう子も中にはいます。

散歩中に注意することは?

散歩に慣れていない間は、たくさんの刺激を受けることが初めてなので、怖がっていないかなど気にしつつ楽しく終わる散歩を心がけましょう。怖い経験をするとワンちゃんはよく覚えているので、それが怖くて散歩に行きたがらない、一定の道でないと散歩出来ないなどワンちゃんにストレスがかかりやすくなってしまいます。

散歩中には人・犬に会う機会もあります。他の人・犬への挨拶などもワンちゃんが積極的に行き、相手方も不快に感じていないようであれば、たくさん経験させてあげた方が社会性が身につくので良いでしょう。

公共の場では自転車や車などが走っていますので人が十分に注意してあげないといけません。ワンちゃんが散歩に夢中で気が付かない時や相手方のよそ見による危険などもあります。マナーの部分がよく言われますが、他人に不快な思いをさせない、法律や条例違反をしなければ大丈夫です!!

どういう散歩をしたら良いの?

一番大切なことは、散歩が楽しいと思ってもらうことです。散歩に行きたくて仕方がない!!とワンちゃんが思えるように楽しい経験をたくさんさせてあげてください。では、実際にどうしたら楽しいと思ってもらえるのでしょうか。

最初は、外に出ることも怖いというワンちゃんもいます。外に出してみて歩けないようであれば抱っこで散歩でも良いです。まず外の刺激に慣れてもらうことから始めます。無理矢理歩かせようとすると怖がってしまい、どんどん歩くのが嫌になってしまうワンちゃんもいますので、抱っこの散歩からスタートでOKです。抱っこしての散歩が慣れてきたら、大丈夫そうな範囲で歩かせます。ワンちゃんが怖くて助けを求める度に抱っこをしてしまうと抱っこ癖がついてしまうことがあるので注意しましょう。

怖いけどおやつやおもちゃで気が紛れて散歩が出来るようであれば、最初のうちは使ってみても良いでしょう。気にしないほど慣れてくれれば、怖いという感情もなくなるので、慣れてもらうために使うのは有効な手段です。どんな散歩でも楽しい!また行きたい!と思う段階で散歩を終わらせましょう。

散歩が終わって帰宅したらすることはあるの?

散歩が終わったら、足を拭かないと家の中が汚れてしまうことがあります。葉っぱなどの草むらに入ったり、雨の日の散歩であれば、体全体が汚れてしまっていることもあるので、ウェットティッシュやタオルなどで拭いてから家の中へ入れるようにすると良いでしょう。外から虫を連れてきてしまう場合もあるので、帰宅後のケアはワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても必要です。

散歩中にした排泄物があれば、ご自宅の地域のごみ処理に従って処分しましょう。匂いケアなどもマナーの内ですので、行うと近隣トラブルなども起こらないでしょう。

まとめ

文面で捉えると難しいと思ってしまうかもしれませんが、やってみると意外と簡単だったり、手間がなかったりするので、まずは実践してみてください。ワンちゃんや飼い主さんによってやりやすさなども変わりますので、色々と試してみてベストなものを選んでみてください。時期やワンちゃんの年齢などによっても変動すると思います。

ワンちゃんと飼い主さんがストレスフリーで、マナーなども守れていれば楽しい散歩が出来るでしょう。散歩に関して分からないことや試してみたいことなどがあれば、トゥトゥサービスをご活用ください。最後までお読み頂きありがとうございました。