マガジン

散歩代行トゥトゥが比較するリードやカラー・ハーネスの種類

2021.02.01

  • ホーム
  • マガジン
  • 散歩代行トゥトゥが比較するリードやカラー・ハーネスの種類

今回は「散歩代行トゥトゥが比較するリードやカラー・ハーネスの種類」についてご紹介します。

どんなリードやカラーを使うと良いのか、愛犬には何が合っているのか、気になることはたくさんあると思います。記事を読んで頂き、ワンちゃんに合った物を選ぶのに活用頂けるようドッグトレーナーの木本がお伝えします。トゥトゥでは、今までチワワからピットブルまで様々な犬種で散歩代行シッターとして散歩代行も行っており、その経験からお話させて頂きます。

リードには、どんな種類があるの?

長さや太さ、素材なども様々です。伸び縮みするタイプなどもあります。代表的なリードとしてスタンダードリードがありますが、他にフレキシブルリード、トレーニングリード(ロングリード)、マルチファンクションリードなどがあります。

長さや太さはワンちゃんの体重などにより変化するので、リードの適正体重を目安に選びます。素材はワンちゃんに噛み癖があるか、握り心地がしっくりくるものを選ぶと良いです。

フレキシブルリードは、散歩する人・用途などによって使い分けられますが、リード自体は少し重めです。また伸縮性があるので、しっかりとロックをかけていないと、危険な場合もあります。

トレーニングリード(ロングリード)は、しつけで利用したり、屋外を走り回らせたい時などにも活用出来るリードです。10M、20Mなどがあるのでご自身の目的に合っている長さを選びましょう。

マルチファンクションリードは、肩掛けや腰掛けにするように持ち手の部分の長さを変えることなどが出来ます。手持ち以外で利用したい時などには特に活用出来るでしょう。

選ぶ時の基準として、散歩に行くときに使いたいのか、しつけをする時に使いたいのかなど用途がバラバラなので合った物を選択します。

カラーには、どんな種類があるの?

カラーには、太さ、素材、しつけの用途が含まっているものなど様々です。日常使いするカラーであれば、バックルやベルトタイプが一般的です。しつけで使うのであれば、ハーフチョーク、フルチョーク、マーティンゲール、スパイクチェーン、ジェントルリーダーなどがあります。

日常使いにむいているバックルタイプは、ワンタッチで止めることが出来るので付けやすく、外しやすいですが、プラスチックなので割れやすく、取れやすいです。調整部分も引っ張りなどにより緩むこともあるので、定期的な点検をした方が良いです。ベルトタイプは、人間のベルトと同じでストッパーを穴に通して固定するので、耐久性にも優れています。

ハーフチョーク、フルチョーク、マーティンゲールは、引っ張ると首が締まる仕組みを利用してしつけで使います。素材は布や紐タイプもあります。素材が全てチェーンで出来ているものは、チョークチェーンと言います。引っ張り防止に効果があるのですが、長毛種や小型犬、老犬には負担がかかることからオススメされていません。

スパイクチェーンは、首輪の内側に突起がついているしつけ用のカラーです。引っ張りの強い子などに使いますが、小型犬、老犬にはむいていません。ジェントルリーダーは、引っ張り癖や咬み癖などがあるワンちゃんに使います。口や頭にも巻き付けるので、嫌がるワンちゃんも多いです。

ハーネスには、どんな種類があるの?

ハーネスには、ソフトハーネス、ベルトハーネス、ベストハーネスがあります。引っ張り癖のあるワンちゃん、首に負担をかけたくないワンちゃん、介護に利用するなど用途は様々です。

ソフトハーネスは、首にかけるタイプと両肩を通すタイプとあります。引っ張り癖のあるワンちゃんは首にかけるタイプが良いでしょう。喉が弱かったり、小型犬・老犬などは両肩を通すタイプの方が負担が少ないです。

ベルトハーネスは、首と胴で調節がきくのでどんな体系のワンちゃんでも合いやすいです。パピーから成犬になっても使え、洋服を着せてハーネスをつけるのであれば、その調節も簡単に出来ます。クッション性が高いので体の負担になりにくいです。

ベストハーネスは、洋服のベストとハーネスが一体型になったようなハーネスです。胴を包み込むため固定され、負担が少ないハーネスです。

日常使い出来るのはどれ?

簡単に使えて安価なものが良ければ、スタンダードリードにバックルタイプのカラー、もしくは、ソフトハーネスが良いでしょう。耐久性に優れているものであれば、革素材のリードに革素材のベルトタイプのカラーが良いでしょう。

引っ張り癖のあるワンちゃんは、カラーを使うことで自分で引っ張りすぎると苦しいとなるので、治まる場合があります。ハーネスは体全体を使って引っ張りやすくなるので、あまりオススメはしませんが、呼吸器が弱いなど特定の理由がある場合は、ソフトハーネスの首にかけるタイプを使ってみると良いでしょう。

飼い主さんがどのタイプで使いたいかで選ぶと良いと思います。

しつけの時に使うと良いのはどれ?

基本的には、カラーを使うのが良いです。リードからのアプローチが伝わりやすいのでしつけにおいては、オススメです。ハーネスが良い場合は、首にかけるタイプが良いです。

引っ張り癖が強すぎる場合などは、チョークを使うことも良いかと思いますが、使い方を間違えてしまうと、ワンちゃんの体を傷つけることになるかもしれないので注意が必要です。使う際は知識のある方に相談してから使うなどした方が良いです。

呼び戻しなどのしつけをしたい時には、トレーニングリードを活用するとやりやすのと思いますのでオススメです。そんなに長い距離は不安という方は、フレキシブルリードの活用も良いのではないでしょうか。

自由に散歩をさせてあげたい時に使うのはどれ?

ある程度自由に散歩をさせてあげたい時には、フレキシブルリードが適しています。狭い道などを通る時には短く、開けた所に来たら伸ばしてあげるなどすると、ワンちゃんも喜ぶのではないでしょうか。

土手などであれば、トレーニングリードを使いボールを使って遊んだり、フリスビーなどで遊んだりすることも簡単に出来ますね!外で走り回ることの楽しさをワンちゃんは、知ることが出来るでしょう。

まとめ

ワンちゃんと散歩をするのにもリードやカラー選び一つで、散歩の楽しさやストレスのかかり具合などが変わるとなると、デザインが可愛いから、かっこいいからという理由だけで安易に選ばない方が良いですね。用品売り場にはたくさんの種類があり選択するのに困ってしまうかと思いますが、今回の記事をお読み頂き参考にして頂ければ幸いです。

どの用品にもメリットデメリットがありますので、しっかりとそれをふまえた上で、ワンちゃんに合った物を選択して頂ければと思います。普段から色々な事に慣らしたい、アドバイスを聞きたい場合、散歩代行を活用するのも1つの方法です。散歩代行が必要な時は、ぜひ散歩代行トゥトゥにお問い合わせくださいませ。経験豊富なシッターが、わんちゃんに楽しんでもらえるよう心を込めて散歩代行させて頂きます。最後までお読み頂きありがとうございました。