マガジン

男性もペットシッターできる?
【できます。コツと収入目安】

2020.05.29

  • ホーム
  • マガジン
  • 男性もペットシッターできる?【できます。コツと収入目安】

ペットシッターをやってみたいと思っている男性へ。

「男性のペットシッターは需要はあるの? やっぱり抵抗あるお客さんが多い?]
「男性でもペットシッターとしてうまく行く方法があれば知りたい。」
「あと最低限食べていけるのか知りたい」

本記事では、こういった質問に答えます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

男性がペットシッターとしてやっていく方法3選 >
ペットシッターの収入目安3パターン >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、この記事を書いている私は、都内ペットシッター店にシッターとして勤めた後、独立開業し東京でシッター暦6年になります(2020年時点)。
これまで1万頭以上のペットたちのお世話をさせてもらいました。

本記事では、男性がペットシッターとしてやっていくオススメの方法と、目安収入を紹介します。

男性がペットシッターとしてやっていく方法3選

おすすめする方法は3つ。

その① 雇われるのでなく開業する
その② 中高年層の集客に注力する
その③ ドッグトレーナーも兼業する

順番に見ていきましょう。

 その① 雇われるのでなく開業する

まず、ペットシッターとして働く方法は2つありますが、自分でお店を立ち上げる方をおすすめします。

✔︎自分でペットシッターのお店を開業する
✔︎ペットシッターのお店に勤める

そもそも、ペットシッター枠で男性を雇ってくれるお店が少ないというのが大きいです。
女性シッターを指定されるお客様はいても、その逆はあまりないので、お店としては女性を雇いたいと考えます。

 その② 中高年層の集客に注力する

次に、中高年のお客さまの接客や集客に注力することをおすすめします。

中高年の、特にワンちゃんの散歩代行を頼まれる飼い主様の中には、体力があり力の強い男性シッターを利用したいと考える方も多いです。

逆に、若い女性の飼い主様には男性シッターは敬遠されがちです。
飼い主様ご本人は男性OKでも、そのパートナー様やご家族様からクレームが入ったり、最悪の場合いわれ無い疑いをかけられるトラブルに発展することもあります。

 その③ ドッグトレーナーも兼業する

最後に、ドッグトレーナーも兼業する。

男性ペットシッターはマイナーですが、男性ドッグトレーナーは一般的です。

躾サービスとペットシッターサービスを兼業しているトレーナーやお店は多く、「躾もできるペットシッター」「ペットシッターサービスもやっているトレーナー」であれば強みにもなります。

「お散歩のついでに躾もしてほしい」「トレーニングのついでに、ご飯もあげてほしい」など、ペットのお世話と躾の両方を希望されるお客様は多くいらっしゃるので、そのニーズに応えられるペットシッターになるのはどうでしょうか。

ペットシッターの収入目安3パターン

ペットシッターの一ヶ月の目安収入を働き方別に3パターン紹介します。

その① アルバイト5〜10万/月
その② 社員15万/月
その③ 開業〜30万/月

 その① アルバイト5〜10万

まず、アルバイトとしてペットシッターのお店に所属する場合の目安収入は月5〜10万ほどです。

お世話1件あたりの支払い相場は千円前後。
1日にお世話できる件数は、移動時間もあるので平均5〜6件くらいになると思います。
週5日シフトを提出したとして、1,000円×5件×20日=100,000円/月

夏休みや冬休みなどの大型連休は繁忙期になるので、もう少し稼げる場合もありますが、それ以外の閑散期は仕事自体が無くなるので減る場合もあります。

 その② 社員15万

社員としてペットシッターのお店に所属する場合の目安収入は月15万ほどです。

シッター枠で入社した場合、基本的な仕事内容はアルバイトと変わらないと思いですが、繁忙期に早朝から深夜まで掛かってもお世話しきれないくらいの件数を任されたり、お客さまとの打ち合わせや鍵の受け渡し、電話メール対応など、ペットシッターに付随するありとあらゆる業務を振られる場合もあります。

お店や会社によりけりですが、時給にならすとアルバイトの方が割がよかったりすることもあります。

 その③ 開業〜30万

自分でペットシッターのお店を立ち上げ、一人で営業した場合の収入目安は〜30万円です。

開業する場合、集客の問題がありますが、集客が順調にいったと仮定すると
お世話1件あたりの相場は3,000円前後。
1日にお世話できる件数は、移動時間もあるので平均5〜6件くらいになると思います。

週5日働いたとして、3,000円×5件×20日=300,000円/月
ここから交通費などの経費が差し引かれます。

まとめ

以上、男性がペットシッターとしてやっていくオススメの方法と、目安収入でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

店長 齊藤あすみ
【保有資格】(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士/日本エージングルーミング協会協議員 他
▼コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンに掲載頂きました▼
AnotherStory Vol.2 連載/資格を活かして活躍中の方をご紹介します >