マガジン

ペットシッターの資格と働く方法
【バイトから開業まで経験者が解説】

2020.05.16

  • ホーム
  • マガジン
  • ペットシッターの資格と働く方法【バイトから開業まで経験者が解説】

ペットシッターになりたい方へ。

「ペットシッターになりたいけど、どんな資格が要るの?」
「ペットシッターとして働く方法を教えてほしい」

本記事では、こういった質問に答えます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペットシッターの資格 >
ペットシッターとして働く方法 >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いている私は、都内ペットシッター店にシッターとして勤めた後、独立開業し東京でシッター暦6年になります(2020年時点)。

ペットシッターとして働く方法は、2つあります。
✔︎自分でペットシッターのお店を開業する
✔︎ペットシッターのお店に勤める

動物学校の卒業歴や業務経験がない人が、自分でペットシッターのお店を開業するには、環境省が認めた資格の中から取る必要があります。

また、ペットシッターのお店に入って働く場合も、法律上は資格は要りませんが、持っていないと雇われにくいのが現状です。

そこで今回は、開業にも使えるペットシッターの資格と、ペットシッターとして働く方法を紹介したいと思います。

ペットシッターの資格

開業にも使えるペットシッターの資格の中から、「取得期間」「費用」「通信講座」の3点でピックアップしてみました。

✔︎取得期間が短い資格
✔︎取得費用が安い資格
✔︎通信講座で取得できる資格

 取得期間が短い資格

開業にも使える資格の中で、最短で取得できるのは、「JKC公認愛犬飼育管理士」と「動物取扱士」。講習と試験が1日で行われます。

「愛犬飼育管理士」は合格率が8割程度、「ペットシッター士」は9割程度と言われているので、1日でも早くペットシッターの資格が欲しい方には、期間、難易度ともにおすすめです。

【資格名】         【期間】
・JKC公認愛犬飼育管理士   最短1日
・動物取扱士         最短1日
・ペットシッター士      最短2日

 取得費用が安い資格

開業にも使える資格の中で、最も安く取得できる資格は、「JKC公認愛犬飼育管理士」。
ただし、資格取得後も毎年会費4,000円の支払いが必要なので、入会期間トータルで考えると高くなる場合もあります。

【資格名】         【目安費用】
・JKC公認愛犬飼育管理士    23,700円
・小動物飼養販売管理士     30,000円
・家庭犬訓練士(初級)     36,050円

 通信講座で取得できる資格

開業にも使える資格の中で、通信講座の受講で取得できる資格は、「ペットシッター士」と「認定ペットシッター」。
場所や時間を選ばずに勉強できるので、働きながら取得したい人にはおすすめです。

【資格名】      【目安費用】
・ペットシッター士    55,440円
・認定ペットシッター   72,000円

ペットシッターとして働く方法

先にも書きましたが、ペットシッターとして働く方法は2つあります。

✔︎自分でペットシッターのお店を開業する
✔︎ペットシッターのお店に勤める

 自分でペットシッターのお店を開業する

まず、自分でペットシッターのお店を開業するという方法です。

開業には、これらが必須になります。
・動物取扱業の登録
・動物取扱責任者の資格の取得
・動物の学校の卒業歴 or 半年以上の実務経験 or 指定の資格の取得
・動物取扱責任者研修の受講

ちなみに、動物取扱業の登録費用は15,000円。
ペットシッターは出張サービスなので、別途事務所を用意する必要もなく、仕事道具はお客様のものをお借りするので、開業は本当に低資金でもできます。

 ペットシッターのお店に勤める

もう一つは、ペットシッターのお店に勤めるという方法です。
常に求人募集しているペットシッターのお店が、全国にたくさんあるので探してみてください。

集客はお店に任せて、ペットのお世話に集中しながら確実にお金を稼げるのが、勤める良い点です。

お店を選ぶときに、サービスエリアが、できるだけ自宅から近い店舗を選ぶことをおすすめします。
ペットシッターは、移動がとても多い仕事なので、自宅から近い御宅に出張した方が、効率良く稼ぐことができます。

まとめ

というわけで、今回は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

店長 齊藤あすみ
【保有資格】(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士/日本エージングルーミング協会協議員 他
▼コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンに掲載頂きました▼
AnotherStory Vol.2 連載/資格を活かして活躍中の方をご紹介します >