マガジン

ペットシッターが登場するドラマ3選
【美人&イケメンシッターすぎて・・】

2020.06.18

  • ホーム
  • マガジン
  • ペットシッターが登場するドラマ3選【美人&イケメンシッターすぎて・・】

ペットシッターのドラマを知りたい方へ。

「ペットシッターが登場するドラマとか映画はある?」
「ペットシッターについて勉強できるドラマがあれば観てみたい!」

今回は、こんな質問に答えます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ ペットシッターが登場するドラマ3選
ペットシッター沢口華子の事件簿 >
セカンドバージン >
俺の話は長い -第4話- >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いている私はペットシッター歴6年(2020年時点)。
都内ペットシッター店にシッターとして勤めた後、独立開業し現在にいたります。

ペットシッターという職業が漫画やドラマに出てくることはあまりないので、たまーに出てくると、「っおお・・!」と思わずテンションが上がってしまいます♪

この記事では、ペットシッターという仕事に興味のある方やシッター経験のある方に向けて、ペットシッターが登場するドラマをいくつか紹介したいと思います。

ペットシッターが登場するドラマ3選

① 『ペットシッター沢口華子の事件簿』の研ナオコさん
② 『セカンドバージン』の深田恭子さん
③ 『俺の話は長い -第4話- 』の生田斗真さん

 ① 『ペットシッター沢口華子の事件簿』

●あらすじ
沢口華子(研ナオコ)は夫に先立たれ、二人の子供を育てている。愛ペットサービスを経営する愛子(吉田日出子)の会社で同僚の宮本(阿部サダヲ)鶴子(鷲尾真知子)獣医の信介(黒田アーサー)等とペットシッター見習いとして日々奮闘中。依頼先で殺人事件に遭遇しつつ、依頼人の無実を証明すべく、ペットたちと仲間と奔走し事件を解決していく。
出典:https://gyao.yahoo.co.jp/store/title/082F93

●シッターのレビュー
研ナオコさん演じる主人公のペットシッター沢口華子が、お散歩中にあっさりワンちゃんのリードを手放して道案内したり(震)、仕事中にお茶し始めたり・・(笑)と、ドラマの中のペットシッターの仕事ぶりは、現実とかけ離れている部分もありますが、飼い主様の御宅に訪問してお世話内容方法をヒアリングしたり、鍵を預かって戸締りするシーンなどは、ペットシッターの仕事の流れをイメージしやすいと思います。

あと、ドラマの中で様々な種類の動物たちが登場するのですが、毎回その種類を親切にテロップで入れてくれます(笑)

そして、主人公が見習いをしているペットシッター会社「愛ペットサービス」の社訓は、面白おかしく演出していますが、要点を得ているなぁと思って観ておりました。特にその1とその3。

社訓 その1「家の中には入っても余計なものには手を触れない」
社訓 その2「ペットの面倒はきちんと見るが家族の面倒ごとは見て見ぬふり」
社訓 その3「信用第一!!秘密厳守!!」

 ② 『セカンドバージン』

●あらすじ
出版業界で名の知れた辣腕専務・中村るい(鈴木京香)は、出張でマレーシアを訪れる。そこで、鈴木行(長谷川博己)と再会する。行はるいより17歳年下で、万理江(深田恭子)という妻がいた。しかし、るいと行は激しく愛し合った恋人同士だった。日本から遠く離れた異国の地で思いがけない再会を果たした2人だったが、行はるいの目の前で銃弾に倒れる。なぜ行はこんなことになったのか、なぜ5年前、何も言わずにるいの前から姿を消したのか……。コーランが遠くに聞こえるなか、行は生死の間をさまよっていた。るいは、そばにいる行を、切ないほど遠くに感じていた。そんな2人の前に、思いがけない人物が現れる。
出典:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10011738

●シッターのレビュー
主人公のライバル?の万理江役を演じる深田恭子さんが、なんとペットシッターをしています。
深田恭子さんが可愛いすぎるところはちょっと非現実的ですが、
第2話の冒頭で、ペットシッター役の深田恭子さんが、帰宅した飼い主役の鈴木京香さんに鍵を返し、「どうもありがとう〜!本当に助かったわ〜!この子病院に預けると、心身症で円形脱毛症になってしまうの」と、一緒に立ち話をしているシーンはちょっとリアルでした。

あとは、深田恭子さんがペットシッターの資格を取って開業したり、集客のためにチラシを渡すシーンもあります。
ドラマでは資格を取って1週間くらいで開業しているように見えますが、厳密には資格と半年以上の実務経験を経て、「動物を取り扱う事業をします」という登録申請を地方自治体に出さないと開業はできないのでご注意ください。

 ③ 『俺の話は長い -第4話- 』

●あらすじ
ヘリクツの天才が奏でる究極の家族愛!
この物語の主人公は、世間一般で言うダメ男である。31歳。
大学中退後コーヒーにはまり起業したものの失敗。6年前から無職のニート。
自分でも何とかしたい気持ちはある。だが、彼には口ゲンカだけなら誰にも負けない・・・と言う特殊能力があり、ヘリクツを駆使し、自分のダメさを誤魔化し続けて生きてきた。ところが・・・。
「夫が残した喫茶店を営む母親」に寄生しながら生活している彼の人生が、「マイホーム建て替えのために一時避難で転がり込んでくる姉家族」によって一気に動き出す・・・。
出典:https://www.ntv.co.jp/orebana/intro/

●シッターのレビュー
第4話で、主人公を演じる生田斗真さんが、知人の紹介でペットシッターをします。
作中のキャラクターは置いておいて、生田さんがお世話訪問してくれるなら、365日繁忙期、俄然ご在宅中に頼む飼い主様が増えそうです。

知人から紹介されたシッターであれば、鍵を預けたり留守中の自宅に入れる不安が少し和らぎそうですね。
職場の同僚や友人に頼むのは、お礼の相場や渡し方に悩んだり、顔見知りなだけに逆に「自宅や私物を見られたくない」という方もいらっしゃるようです。
プライベートな空間に立ち入る仕事なだけに、絶妙な距離感が難しいところですね。

まとめ

他にも、ドラマ『3匹のおっさん2 第3話』では六平直政さんが、『科捜研の女 第4話』では笠松将さんがペットシッターの役柄を演じていました!
実際の仕事とは全然違う演出に、シッター経験者の方なら「え〜〜!!笑」となってしまうこともあると思いますが、よかったら観てみてください( ^ω^ )

以上、ペットシッターが登場するドラマでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

店長 齊藤あすみ
【保有資格】(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士/日本エージングルーミング協会協議員 他
▼コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンに掲載頂きました▼
AnotherStory Vol.2 連載/資格を活かして活躍中の方をご紹介します >