マガジン

なぜ犬は飼い主に似るの?

2018.12.16

今回は、愛犬が飼い主様に似る理由についてご紹介します。

昔から、犬は飼い主様に似ると言われていますよね。ではどうして似ているのでしょうか?そんな素朴な疑問を調べてみました!

▼耳で聞きたい方は、YouTube動画版をどうぞ▼

視聴時間:3分17秒

■自分に似た子を選ぶ傾向にある■

外見的に飼い主様とそっくりな犬をよく見かけます。それは、「人間は見慣れたものに好感度を抱く傾向にある」という特性から、毎日見慣れた顏に似た要素のある子を選ぶから、なのだそうです。それは例えば、自分の顏であったり、親族の顏であったりと、ほとんど無意識に、人は自分と共通点のある子を選ぶようです。

特に目元が飼い主様と似ている愛犬が多いようです。

■飼い主様と犬の性格が似る理由■

本来の犬は飼い主様の生活に依存して生きています。活発な飼い主様であれば、犬も天真爛漫に育ちますし、おっとりとした飼い主様であれば、犬もおっとりとした性格になるようです。

それはもともと備わっている犬種別の性格を上回る影響力です。例えばチワワ。チワワはとても飼い主様思いで活発な性格です。小さな身体ですが、大型犬にもひるまず威嚇する勇敢で好奇心旺盛な犬種です。そんなチワワですが、飼い主様が活発に活動をして、積極的に外に連れ出してくれる人なら、チワワの性格もやんちゃで好奇心の強い子に育っていくでしょう。その逆に、飼い主様が家にいることが多く、チワワを甘やかしてばかりで育てれば、内向的で甘えたであり、飼い主様以外には臆病な性格の子に育ってしまいます。

また、その逆に、飼い主様が犬の性格に似ることもありようです。元気溌剌な犬と一緒に生活することで、気持ちが明るくなったり、気持ちにゆとりが持てるようになるからです。

■まとめ■

犬の生活は犬には選べません。それが性格が似ていく最たる理由なのかもしれません。

また、犬と生活していくうちに、妙に利己的な姿を見ると「そういうところがそっくり」と思うことがあります。それは、犬本来の性格なのかもしれませんし、後天的にそうなったのかはわかりません。しかし、そういった共通点を見つけることで、飼い主は愛犬とさらに距離が縮まったと思うのではないでしょうか?

一言に性格が似る、といっても、それはいい面も悪い面も含めて様々です。愛犬の困った行動は飼い主様からの影響が多いのかもしれません。一番似ているとおもわれる方と、愛犬の性格を照らし合わせて考えてみると、面白い発見がありそうですね。

関連記事:飼い主様と愛犬の信頼度を知る3つの行動
あわせて読みたいピックアップコラム:愛犬の年齢早見表!年齢別のケアを考える

ペットシッタートゥトゥサービスは、ワンちゃん、猫ちゃんのお世話、健康のヒントを紹介しております。今後もご覧ください。またペットシッターのご用命はこちら。

https://www.toutouservice.com/