マガジン

エアコンは何度がいいの?
愛犬の熱中症対策のための夏の室温調整

2018.05.18

  • ホーム
  • マガジン
  • エアコンは何度がいいの?愛犬の熱中症対策のための夏の室温調整

今回は、夏の室温室温調整に関してシリーズでご紹介します。

夏、部屋が暑いとワンちゃんも疲れてしまいますよね。

そんな暑い夏、愛犬のための最適な室温調整についてご紹介します!さぁ、ワンちゃんの気持ちいい夏に向かって読んでみましょう。

■犬の汗腺は肉球■

人は全身で汗をかき体温調整をしますが、犬は肉球の裏にしか汗腺がなく、汗もそこからしかでません。夏のお散歩の後、犬がいた後の場所が濡れていたら、それは汗です。

しかしそれだけでは体温調整は追いつかないため、「パンティング」という舌を出してハァハァと荒い呼吸をします。よだれを蒸散させて体温調整をするこの行為をしているときは、犬が暑がっている証拠ともいえます。

■ダブルコートとシングルコート■

季節の変わり目になると悩まされる飼い主様も多いのではないでしょうか?そう、犬の衣替えである「換毛期」です。しかし、換毛期には犬種により違いがあるのをご存知でしょうか?

換毛期に毛がよく抜ける犬種はダブルコートといって、下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)を持っています。一方、あまり抜けない犬種をシングルコートといい、ほとんど上毛のみとなります。

代表的なダブルコートの犬種としては、柴犬などの日本犬、ポメラニアン、パグ、ラブラドールレトリーバーやゴールデンレトリーバーです。

シングルコートで有名な犬種としては、やはりプードルでしょうか。毛が抜けにくく、アレルギーのある人でも飼育しやすい犬種と言われています。それ以外にも、シュナウザーやマルチーズ、シーズーにヨークシャーテリアなど。毛が抜けにくいということは、定期的なトリミングをしないと伸び放題になってしまいます。そのため、夏はサマーカット(毛を短くする)などの対策が必要です。

■夏の室温について■

上記で記したように、犬種によって被毛の特徴も様々です。ここからは被毛の状態や犬種も考慮したうえで、ご覧ください。

一般的に、長毛の犬種では15~20℃、短毛の犬種では20~25℃が適温と言われています。四季折々の日本では、気温の変化も激しく、犬にとっての適温を維持することが難しいですよね。
目安としては、ダブルコートの犬種は23~26℃。シングルコートの犬種は22~25℃ぐらいがよいようです。

また、「湿度」も忘れてはいけません。

とくに日本の夏は湿度が高く、ムシムシしています。22℃の室温でも、湿度が60%あればかなり蒸し暑いですよね。犬は被毛を着ていますから、被毛内の湿度もそうとうなものになります。
いくら気温が低くても、湿度が高いと犬は熱中症になってしまうのです。

夏場は愛犬が涼めるように、冷感素材のベッドやクールマットなどを設置して、エアコンだけでなく、愛犬自身が体温調整できるように熱さ対策も万全にしましょう!

ペットシッタートゥトゥサービスは、ワンちゃん、猫ちゃんのお世話、健康のヒントを紹介しております。今後もご覧ください。またペットシッターのご用命はこちら。

https://www.toutouservice.com/