散歩に行かないとワンちゃんにとってデメリットがある⁉

sanpo-demeritto

  • ホーム
  • 散歩に行かないとワンちゃんにとってデメリットがある⁉

今回は「散歩に行かないとわんちゃんにとってデメリットがある⁉」についてご紹介します。

散歩はわんちゃんにとって食べること、寝ることと同じくらい大切なことです。散歩に行かないことでデメリットばかりを増やしているかもしれません。散歩に行かないと何が起こってしまうのか、ドッグトレーナーの木本がお伝えします。トゥトゥでは、今までチワワからピットブルまで様々な犬種で散歩代行シッターとして散歩代行も行っており、その経験からお話させて頂きます。

散歩って何をするの?

散歩と言うとただ歩くだけの様なイメージがあるかもしれませんが、わんちゃんにとってはすごく大切なことの1つです。散歩で出来ることは、ストレス発散、刺激をもらう、排泄、健康維持、社会化、しつけなどあげたらきりがないくらいたくさんのことが出来ます。何より、飼い主さんとわんちゃんのコミュニケーションを取るのには最適です!!

刺激をもらうことで社会化にも繋がりますし、ストレス発散にも繋がります。歩くことで体を動かすことが出来るので、健康維持にも繋がります。排泄が外でしか出来ないわんちゃんであれば、散歩に行けないとなると健康被害も起こり得るでしょう。外では刺激などが多い分、しつけの練習場としても散歩が役立ちます。飼い主さんと散歩をする、飼い主さんとが難しければ、人と散歩をするということがわんちゃんと共生する上ですごく大切です!!

精神面でのデメリット

散歩に行かないと気分転換が出来ません。人もずっと家の中で過ごしていると外に出たくなりますよね。お家の中で生活をしていても少なからずストレスがかかります。わんちゃんは色々な物事に触れることで犬の本能を満たすことが出来ます。刺激を受けることで興味がわき、匂いを嗅いだり、楽しい出来事が起こったりすることもあります。五感を刺激することで、ストレス発散に繋がります。

何事も経験することで慣れていきます。散歩に行く回数が少なければ、何かしらの経験する機会が減ってしまいます。その為、経験を積んでない事には慣れていないので、いざ何かが起こった時に強いストレスを感じてしまう可能性があります。普段の散歩の中で経験を積んで気にしないほどに慣れていれば、強いストレスを感じる可能性が低くなります。強いストレスを感じたり、ストレス発散が出来ていないわんちゃんは怖がりさんになり、びっくりした時など攻撃的になってしまうわんちゃんもいます。散歩の回数が少ないと精神面が未熟となってしまうデメリットがあります。

健康面でのデメリット

排泄が外でしか出来ないわんちゃんにとって散歩が出来ないのは、かなり重大なことだと思います。何かしらの理由があってお家では我慢してしまう子がほとんどですので、散歩に行けない間我慢し続けていたら、健康被害が起こります。

家の中でも歩いたりすることはあると思いますが、長時間・長距離歩くことは難しいです。散歩では坂道やでこぼこ道、アスファルトや砂利道、土や芝生など場所によって足の感覚などが不定期に変わります。ただ歩くだけかもしれませんが、外での散歩は足腰を自然と鍛えることが出来ます。まれに老犬で足腰が弱いから散歩には行かないと言う飼い主さんもいらっしゃいますが、それではどんどん足腰を弱くしてしまいます。

足腰を強くする以外にも、体を動かすことで肥満予防になります。足腰が強くなることで筋力アップに繋がり、それが脂肪燃焼を促進します。すごく大袈裟に言うと散歩をしないとなると筋力が低下し、結果肥満になります。排泄も我慢することで不健康になってしまうのが目に見えます。健康面でのデメリットが大きいのがお分かり頂けたかと思います。

人間と共生する上でのデメリット

人とわんちゃんが上手く生活をしていく上で散歩をしないと問題行動と言われることが増えたり、しつけが行き届かなくなる可能性があります。散歩はコミュニケーションを取るのに最適な場です。また、社会化にも繋がるので、たくさんのことに慣らす為にも一石何鳥にもなります。散歩でストレス発散ができ、体力を消耗すると何かいたずらをしようなど考えもしません。問題行動と言われるものの原因は、ストレスが溜まっていたり、人の気を引こうとすることが原因の場合があります。

慣れていないことが多いわんちゃんは、その分ストレスを受けやすいです。散歩で色々なことに慣れていれば、ストレスを感じることも少なくなります。怖いものが多いとなると、自分の身を守ろうと攻撃的になるわんちゃんもいます。何かの拍子に他人を噛んでしまったとなるとトラブルになってしまう可能性もあります。

散歩でコミュニケーションを取ることが出来るとしつけをする上でも信頼関係が築けているので、指示が入りやすくなります。散歩に行くことがないと、コミュニケーションを取る場が少ない分、わんちゃんは飼い主さんの方に見向きもしない可能性もあります。一緒に生活をする上でこうなったら良いのにという事が散歩をしないと全て起こらない可能性が高いです。

まとめ

今回は「散歩に行かないとわんちゃんにとってデメリットがある⁉」についてご紹介しました。

色々な場面でデメリットがあるという事がお分かり頂けたかと思います。逆に散歩を行うことにはメリットが多いので、散歩をすることをオススメします。なかなか時間が取れない方や普段から慣らす為に散歩を増やしたい方で散歩代行が必要な時は、ぜひ散歩代行トゥトゥにお問い合わせくださいませ。経験豊富なシッターが、わんちゃんに楽しんでもらえるよう心を込めて散歩代行させて頂きます。最後までお読み頂きありがとうございました。

ペットシッターの基礎知識