ペットシッターとは

petsitter

ペットシッターがどんなサービスか知りたい方へ。

「ペットシッターって何?」
「一度も使ったことないけど、どうなんだろう?」
「どんなペットや飼い主が使ってるの?」

本記事では、こういった疑問に答えます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペットシッターとは? >
どんなペット・飼い主がペットシッターを使っているの? >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、この記事を書いている私はペットシッター暦6年(2020年時点)。
これまで1万頭以上のペットたちのお世話をさせてもらいました。

海外では子供もペットも自宅にお世話をしに来てもらうシッターが主流ですが、日本はホテルに預ける方が多く、ペットシッター自体知らない飼い主様も沢山いらっしゃいます。

そこでこの記事では、ペットシッターとはどんなサービスか紹介したいと思います。

ペットシッターとは?

かんたんに言うと、
「シッターが自宅に来てペットのお世話を代行するサービス」です。

ベビーシッターや家庭教師、ホームヘルパーのペット版と言うと、イメージが湧きやすいかもしれません。

ペットシッターに頼めるお世話の中から、代表的なものを紹介します。

✔︎お散歩
✔︎ご飯・お水の交換
✔︎トイレ掃除

 お散歩

まずは、お散歩の代行。

「仕事や育児でヘトヘト・・」「怪我や体調不良で動けない・・」など、ワンちゃんの飼い主様なら、誰かにお散歩を頼みたいと思ったことが、一度はあるのではないでしょうか?

ただ一緒に歩くだけでなく、排泄処理や手足の拭き取りまで、一通りシッターに頼めます。よほどの暴風雨でない限り、雨や雪の日も出張可能なので、外でしか排泄できないワンちゃんの飼い主様も安心できると思います。

 ご飯・お水の交換

続いて、ご飯とお水の交換。

飼い主様が旅行で留守にされる時や、お仕事で帰れない時に、シッターが出張して代わりにペットにご飯やお水をあげます。

前のご飯やお水の残りを捨てたり、食器の洗浄・拭き取りも頼めます。

 トイレ掃除

ペットのトイレやケージの掃除。

トイレが汚れたままだと、ペットが排泄しなくなったり、トイレ以外の場所に粗相してしまうこともあります。

ウンチやオシッコで汚れたトイレシートや猫砂を取り替えたり、トイレやスコップ、ケージの拭き取りを頼まれることが多いです。

どんなペット・飼い主がペットシッターを使っているの?

それでは、どんな飼い主様やペットたちがペットシッターを使っているのでしょうか?

当店のお客様の中で多いのはこちら。

✔︎移動や環境の変化が苦手なペット
✔︎他の動物やケージが苦手なペット
✔︎怪我、体調不良で動けない飼い主様
✔︎お仕事や育児で忙しい飼い主様

 移動や環境の変化が苦手なペット

猫、うさぎやハムスターなどの小動物達たち。

彼らは預け先までの移動や環境の変化にストレスを受けやすいです。

なので、飼い主様はどこかに預けず、自宅で留守番できるペットシッターを選びます。

 他の動物やケージが苦手なペット

他の動物が苦手だったり、ケージが嫌いなペットたち。

こういった子たちは、他の動物の匂いや鳴き声がする中、ケージで過ごすタイプのペットホテルや動物病院はストレスになります。

預け先から声を枯らして帰ってきたり、宿泊中に体調に異変が出てしまい、ペットシッターに変更するようです。

 怪我、体調不良で動けない飼い主様

怪我や体調不良で動けなくなってしまった飼い主様。

シッターが自宅まで出張するので、身動きが取れなくなった時でも使いやすいようです。

圧倒的にワンちゃんのお散歩代行のご依頼が多いです。

 お仕事や育児で忙しい飼い主様

お仕事や育児で忙しい飼い主様。

「在宅でも使えるの?」という質問をいただくことがありますが、もちろん大丈夫です。

在宅ワークで忙しい時や、小さいお子様のお世話で手が離せない時に、ペットのお世話を頼まれます。

まとめ:ペットシッターは家に来てお世話してくれる

記事の内容をまとめると

✔︎ペットシッターは、自宅に出張してペットのお世話をしてくれるサービス
✔︎環境変化、他の動物やケージが苦手なペットが利用している
✔︎怪我や病気、仕事や子育てでお世話できない飼い主が利用している

というわけで、今回はペットシッターサービスの紹介でした。
ペットシッターがどんなサービスか、一人でもたくさんの飼い主様に知ってもらえたら嬉しいですm(_ _)m

 

店長 齊藤あすみ
【保有資格】(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士/日本エージングルーミング協会協議員 他
▼コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンに掲載頂きました▼
AnotherStory Vol.2 連載/資格を活かして活躍中の方をご紹介します >