マガジン

ペットシッター散歩代行の仕事を解説
【現役シッターの一日公開】

2020.06.12

  • ホーム
  • マガジン
  • ペットシッター散歩代行の仕事を解説【現役シッターの一日公開】

ペットシッター散歩代行の仕事内容が知りたい方へ。

「ペットシッター散歩代行の仕事ってどんな感じなんだろう?」
「ペットシッターとして働く場合の、1日の流れが知りたい」

本記事では、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペットシッター散歩代行の仕事内容 >
ペットシッターのとある一日の流れ >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いている私は、都内ペットシッター店にシッターとして勤めた後、独立開業し東京でシッター暦6年になります(2020年時点)。
これまで1万頭以上のペットたちのお世話をさせてもらいました。

今回は、ペットシッター散歩代行の仕事内容と、私のとある一日のタイムスケジュールを紹介したいと思います。

ペットシッター散歩代行の仕事内容

ペットシッターの仕事は、大きく分けると3つ。

① 飼い主様との打ち合わせ
② ペットのお世話(ご飯・トイレ掃除・散歩など)
③ 飼い主様へのお世話報告

 ① 飼い主様との打ち合わせ

飼い主様とペットについて打ち合わせします。

多くのペットシッターが、初めて利用する飼い主様とは事前に打ち合わせを行います。
ペットのお世話方法を始め、ペットの性格や注意点などを飼い主様からヒアリングするためです。

打ち合わせは、飼い主様のお宅に訪問して行う場合が多いですが、飼い主様の希望でマンションの共用部や飲食店で行われるケースもあります。

 ② ペットのお世話(ご飯・トイレ掃除・散歩など)

ペットのご飯やお水の交換、トイレ掃除、散歩など、飼い主様から頼まれたお世話をします。

お世話内容やお世話のやり方はペットによって様々で、飼い主様からのオーダー通りに代行します。

1回30分〜1時間ほどのお世話を、1日に1〜10件程度、電車やバイクで移動しながら繰り返します。
1日のお世話件数は、大型連休などの繁忙期と閑散期でギャップがあります。

 ③ 飼い主様へのお世話報告

希望される飼い主様には、お世話中のペットの様子をメールやLINEなどで報告します。

報告する内容は、食事や排泄量、お世話中のシッターへのリアクション、ペットの写真など、外出先の飼い主様にも安心してもらえるよう、詳細になります。

ペットシッターのとある一日の流れ

参考までに、東京でペットシッターをしている私のとある一日のスケジュールを書きます。

<2020年◯月◯日の予定>
8:00 自宅を出発
9:00〜10:00 犬60分のお世話 @品川シーサイド
12:00〜12:30 犬30分のお世話 @下神明
13:30〜14:00 猫30分のお世話 @不動前
15:00〜16:00 初めての飼い主様と打ち合わせ @戸越
17:00〜17:30 猫30分のお世話 @中延
18:00〜18:30 小動物30分のお世話 @中延
19:30 帰宅

 スケジュールの自由度が高い

参考例は日中に結構予定が詰まってましたが、
ペットシッターのスケジュールは、比較的自由度が高いです。

基本的に1回30分〜1時間程度のお世話が多いので、少ない件数であれば丸一日空いていなくても、隙間時間でもできます。
また、「朝9時に来てください」と言う飼い主様もいれば、「日中何時でも」と言う方もいらっしゃるので、自分でスケジュールを組み立てることもできます。

 移動中は飼い主様へメールを書くことが多い

次のお世話現場までの移動時間は、飼い主様へ報告のメールを書いていることが多いです。

また、お世話とお世話の間に時間が空いた場合は、自由時間として食事を取ったりして過ごします。
訪問営業の仕事をしたことがある方ならイメージが湧きやすいかもしれません。

まとめ

この記事の内容をまとめると

✔︎ペットシッターの仕事内容
① 飼い主様との打ち合わせ
② ペットのお世話(ご飯・トイレ掃除・散歩など)
③ 飼い主様へのお世話報告
✔︎スケジュールの自由度が高い

以上、ペットシッター散歩代行の仕事内容と、一日のタイムスケジュールでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

店長 齊藤あすみ
【保有資格】(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト/(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士/日本エージングルーミング協会協議員 他
▼コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンに掲載頂きました▼
AnotherStory Vol.2 連載/資格を活かして活躍中の方をご紹介します >