マガジン

未経験でもペットシッター散歩代行のバイトはできる
【やっておくべきこと3選】

2020.06.07

  • ホーム
  • マガジン
  • 未経験でもペットシッター散歩代行のバイトはできる【やっておくべきこと3選】

未経験だけど、ペットシッターや散歩代行のアルバイトをやってみたいと思っている方へ。

「今は別業界で働いているけど、動物と関わる仕事がしてみたい」
「ペットシッターや散歩代行のバイトは未経験でもできる?」
「取った方がいい資格とか勉強しておいた方がいいことがあれば知りたい」

本記事では、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未経験でもペットシッター散歩代行のバイトはできる >
未経験でペットシッター散歩代行のバイトがしたい人がやっておくべきこと >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いている私は都内ペットシッター店でシッターのアルバイトをした後、独立開業し東京でシッター暦6年になります(2020年時点)。
シッターになる前はまったく別の業界で働いていて、この仕事はもちろん、ペット業界も未経験でした。

そんな私が、「未経験でもペットシッター散歩代行の仕事ができる理由」と、昔の未経験の自分に会えたら「何をやっておくべきと伝えるか」を書きました。

未経験でもペットシッター散歩代行はできる

まずは結論から。
未経験でもペットシッター散歩代行のアルバイトはできます。

なぜなら、特別な技術がなくてもできる仕事だから。

ペットシッターは、飼い主様が普段しているペットのお世話を代行するのが基本的な仕事になります。
もちろん、躾やトリミングもやりたい場合は、未経験でいきなりは難しいと思いますが、ご飯をあげたりお散歩を代行したり、基本的なサービスならできます。

では、ペットシッター散歩代行の基本的な仕事はどういった内容なのか?
具体例を交えつつ解説します。

 ペットシッター・散歩代行の仕事内容

ペットシッターの仕事は、「ご飯・お水の交換」「トイレ掃除」「お散歩」「一緒に遊ぶ」など、飼い主様が普段しているペットのお世話全般になります。

✔︎ご飯・お水の交換
✔︎トイレ掃除
✔︎お散歩
✔︎一緒に遊ぶ
✔︎ブラッシングなど

 ペットシッター散歩代行に向いている人

こんな人は、ペットシッターに向いていると思います。

✔︎臨機応変に対応できる人
✔︎きめ細やかな気遣いができる人
✔︎体力がある人

ペットごとに仕事内容が変わり、生き物なので想定外のこともよく起こる仕事です。
毎回決まった仕事をするのが好きな人、パニックになりやすい人は難しいと感じるかもしれません。

ペットシッターは、飼い主様の御宅に上がって仕事をすることが多いです。お客様の家でお客様の物を借りて作業するので、常に細やかな気遣いが必要です。

未経験だけどペットシッター散歩代行の仕事したい人がやるべきこと

まずはこれだけやっておけば大丈夫です。

その① 動物のお世話経験を作る(できれば犬・猫・うさぎ・鳥)
その② お世話グッズの種類・使い方を勉強する
その③ 動物関連の資格を何でもいいから1つ以上取る

 その① 動物のお世話経験を作る

ペットを飼ったことがあればそれでOKですが、飼ったことがない方は動物をお世話する経験をしましょう。

犬・猫は必須で、できればうさぎ・鳥のお世話経験もあると、とても仕事に役立ちます。

お友達や親戚のペットのお世話をさせてもらったり、動物保護施設でボランティアスタッフとして働かせてもらうのもおすすめです。
私もボランティアで犬の一時預かりをしていた時期があり、短期間に様々な動物のお世話をすることができて、貴重な経験になりました。

 その② お世話グッズの種類・使い方を勉強する

あと、お世話グッズの種類や使い方をできるだけ沢山調べておいてください。

ペットシッターの仕事は、飼い主様が普段しているペットのお世話を代行することなので、まずはご飯やトイレ、お散歩といった基本的なお世話で使うグッズの名称、種類、使い方などを一通り知っておくととても役に立ちます。

 その③ 動物関連の資格を何でもいいから1つ以上取る

最後に、動物関連の資格を最低1つ取得しておいてください。

ペットシッターは仕事柄、飼い主様の自宅に上がったり鍵を借りることがあります。
日本人の国民性かもしれませんが、業者を自宅に入れたり、家の仕事を任せたりするのに馴染みがなく、抵抗を感じる方がとても多いです。

そんな中、資格が飼い主様の抵抗感を和らげたり、信用してもらうきっかけになることがあります。

まとめ:未経験でもペットシッター散歩代行のバイトできます

この記事の内容をまとめると

✔︎未経験でもペットシッター散歩代行のバイトできます。特にこんな人は向いてます
・臨機応変に対応できる人
・きめ細やかな気遣いができる人
・体力がある人
✔︎未経験の人はまずはこれだけ準備しておきましょう
・動物のお世話経験を作る(できれば犬・猫・うさぎ・鳥)
・お世話グッズの種類・使い方を勉強する
・動物関連の資格を何でもいいから1つ以上取る

というわけで、今回は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!