東京23区出張OK|年中無休
トゥトゥサービス

東京23区ペットシッター・散歩代行丨トゥトゥサービス

 070-5020-1122

お電話受付 9:00~21:00
ご予約
             

西葛西のペットシッター・お散歩代行承ります!

■西葛西のペットシッター・お散歩代行承ります!■

葛西臨海公園など広い公園が多いうえ、無料で入れる自然動物園がありペットだけでなく飼い主さんも一緒に楽しめるとっても暮らしやすい西葛西です♪

今回は、愛犬とともにリフレッシュできる絶好のお散歩スポットや、西葛西の土日祝日も診察可の動物病院、愛猫の避妊・去勢手術で使える西葛西の助成金などなど。西葛西でペットライフを楽しむ飼い主さんに役立つ情報をお届けします!

 

■ペットシッター愛用!西葛西のお散歩スポット■

葛西臨海公園

広大な敷地の中に、日本最大の観覧車やパークトレイン、水族園など様々な施設があり、一日中遊べる公園として人気の葛西臨海公園。荒川と旧江戸川に挟まれた東西2kmの埋め立て地に広がる海浜型テーマパークで、サイクリング、ランニングコース、広い芝生広場などがあり、四季折々の花や広い芝生、海を見ながらワンちゃんとお散歩が楽しめます♪

所在地:江戸川区臨海町6丁目地内
電話番号:03-5696-1331
アクセス:JR葛西臨海公園駅から徒歩1分 、車…首都高速湾岸線葛西出口すぐ

行船公園・自然動物園

葛西エリアでは葛西臨海公園につぐ規模の敷地面積で、地元民なら一度は訪れたことがありますよね。ちなみにその広さは29,752平方メートルだそうです。阪神甲子園球場のグラウンド面積が13,000平方メートルらしいので、だいたい甲子園のグラウンド2個分くらいの広さですのでワンちゃんとのお散歩コースに最適です。

所在地:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西3丁目2番1号
電話番号:03-3680-0777(行船公園サービスセンター)
アクセス:東京メトロ東西線「西葛西」駅 徒歩15分または都営バス「新小21 新小岩駅・船堀駅」行き「宇喜田」または「北葛西2丁目」下車すぐ

【自然動物園】入場料無料 10:00~16:30(土・日・祝日は9:30から、11月~2月は16:00まで)夏休み期間中は9:30~16:30

総合レクリエーション公園

江戸川区の東西およそ3キロにわたって続く広大な公園。キャンプ場がある富士公園、バラが咲き誇るフラワーガーデン、ポニーの乗馬ができるなぎさ公園など、楽しみ方は様々。

所在地:江戸川区西葛西6丁目11番~南葛西7丁目3番
電話番号:03-3675-5030
アクセス:東京メトロ東西線「西葛西」駅より徒歩約7

 

いざという時に。西葛西の土日祝OKな動物病院

西葛西ペットクリニック

所在地:江戸川区北葛西3-1-22
電話番号:03-3675-15151
対象動物:イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 爬虫類

バウ動物病院

所在地:江戸川区南葛西2丁目1−6
電話番号:03-3877-2200
対象動物:犬、猫

リーン動物病院

所在地:江戸川区船堀7-19-11-101
電話番号:03-3687-8858
対象動物:イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類

とおやま犬猫病院

所在地:江戸川区中葛西4丁目14−13
電話番号:03-3688-3040
対象動物:犬・猫

 

■西葛西在住さん必見!狂犬病予防注射・注射済票交付手続き

犬を飼い始めたら

生涯一度の犬の登録をしましょう。
狂犬病予防法により、生後91日以上の犬を飼い始めたら、30日以内に狂犬病予防注射を受け、犬の登録をしなければなりません。

犬鑑札の交付

申請書ダウンロード一覧(「飼い犬の登録申請」)

登録手数料は1頭につき3,030円です。(狂犬病予防注射済票の手数料は1頭につき550円です)
登録時に「犬鑑札」を交付しますので、首輪等につけてください。首輪に「犬鑑札」を付けていれば、迷子になった時すぐに連絡することができます。

犬鑑札を紛失した場合

再交付を受けてください。再交付手数料は1頭につき1,630円です。

狂犬病とは

狂犬病は、犬だけの病気ではなく、人を含めたすべての哺乳類に感染します。発症すると治療方法がなく、100%死亡する極めて危険なウイルス性の人畜共通感染症です。日本では昭和32年以降、犬での狂犬病発生はありませんが、中国やロシアなど、日本近辺の国々では多くの人や動物での発生があります。人や物の国際交流が盛んな現代では、日本に狂犬病が侵入する可能性は常に存在します。いざという時に人の命、そして愛犬の命を守れるように、狂犬病の予防注射は毎年きちんと受けさせるようにしましょう。

飼い犬には毎年一回、狂犬病予防注射を受けさせましょう

登録した飼い犬は、毎年1回(4月~6月)狂犬病予防注射を受け、狂犬病予防注射済票交付票の交付を受けることが義務付けられています。

狂犬病予防集合注射

江戸川区では毎年4月に狂犬病予防集合注射を実施しています。区内の各会場で江戸川区獣医師会の獣医による「狂犬病予防注射」と「注射済票交付」が一度に受けられます。(新規の登録も受け付けています。)
犬を登録されている方には、3月下旬に郵送でご案内を差し上げます。
また区ホームページ、「広報えどがわ」「町会回覧」でも、日時・場所等の詳しい内容をお知らせします。

平成30年度 犬の登録と狂犬病予防注射のお知らせ

狂犬病予防注射済票の交付

獣医師から発行された「証明書」を持参の上、交付の手続きを行ってください。その際、保健所からお送りした「狂犬病予防注射のお知らせ」のハガキをお持ちいただくと、手続きが早く済みます。
手数料は1頭につき550円です。交付された「注射済票」は、犬鑑札と一緒に首輪等に付けてください。
なお、江戸川区内の交付委託を受けた動物病院(交付委託動物病院)なら「注射済票」の交付が可能です。この場合、区の窓口で手続きを行う必要はありません。ページ一番下にあります交付委託動物病院一覧を参照し、動物病院にご確認の上、ご利用ください。
動物病院で接種する際には、保健所から送付された「狂犬病予防注射のお知らせハガキ」を忘れずにご持参ください。

申請書ダウンロード一覧(「狂犬病予防注射済票交付票」)

注射済票を紛失した場合

再交付を受けてください。再交付手数料は1頭につき340円です。

注射猶予の場合

病気や老齢等で狂犬病予防注射の接種が難しいと診断された場合は、獣医師から発行された「猶予証明書」を提出してください。

飼い犬の登録事項に変更が生じたとき・犬が死亡したとき

江戸川区内で飼い犬の住所の変更や所有者の変更等があった場合

変更の届出が必要です。

住所や飼い主の変更

江戸川区で登録されている飼い犬が死亡した場合

「犬鑑札」及び「注射済票」を添えて死亡届を提出してください。

ペットが死んでしまった

受付窓口

保健所、各健康サポートセンター、区役所(区民課庶務係)、各事務所(庶務係)

江戸川区内の交付委託を受けた動物病院(交付委託動物病院)でも「犬の鑑札」「注射済票」の交付が可能です。下記交付委託動物病院一覧を参照し、動物病院にご確認の上、ご利用ください。

 

助成金を活用!西葛西在住さん猫の不妊・去勢手術

区内では飼い主のいない猫による被害で多くの人が悩んでいます。敷地に糞をされる、猫に与えられたエサが放置されカラスやハエが寄ってくる、発情期の鳴き声がうるさい、野良猫が子猫を産んで困っているなどの相談が保健所に寄せられています。
このような問題の解決のため、区では「飼い主のいない猫対策支援事業」により、地域猫活動を支援しています。

支援事業の概要

事業の目的

この事業は猫を世話するボランティア団体と地域の皆様(町会・自治会等)が協力して、飼い主のいない猫を「地域猫」として管理して、問題解決を図ることを推進する事業です。具体的には、ボランティア団体が管理する対象の猫を把握し、これ以上増えないように不妊去勢手術をしたうえで、給餌、清掃、新しい飼い主探し、捨て猫防止に向けた普及啓発等の活動を行い、飼い主のいない猫を減らすとともに、地域環境の改善を図っていきます。

地域猫とは

地域の理解と協力を得て、地域の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫をいいます。その地域にあった方法で、管理者を明確にし、管理する猫を把握するとともに、給餌や糞尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの命を全うさせる猫をいいます。手術済の猫は、耳カットで見分けられます

支援の対象

ボランティア団体が地域合意のもと管理する飼い主のいない猫の不妊去勢手術の費用を助成します。団体の活動規約や、町会・自治会、給餌場の土地管理者の合意など、支援を受けることができるボランティア団体には、いくつかの要件を満たしていただく必要があります。

支援事業におけるボランティア団体の要件

支援を受けることができるボランティア団体は以下の要件を満たしていることが条件です。

  • (1)ボランティア団体は組織の規約を有していること。
  • (2)ボランティア団体の構成員は、その地域の住民を含むこと。
  • (3)事業の目的を理解し、趣旨に沿った活動を計画していること。
  • (4)町会・自治会がボランティア団体の活動に合意をしていること。
  • (5)飼い主のいない猫の管理を行う場所(餌を与える場所)の土地管理者から、その猫の管理方法について合意を得ていること。
  • (6)ボランティア団体は、対象となる猫を把握・管理していること。

助成開始までの流れ

詳しくは下記の『助成資格を得るまでの手引』をご覧ください。
また、事前に支援事業の対象となるか申請窓口にご相談ください。

『助成資格を得るまでの手引』(PDF:39KB)(別ウィンドウで開きます)

よくあるご質問を掲載しています。

本事業について、よくあるご質問(PDF:37KB)(別ウィンドウで開きます)

事業の報告

ボランティア団体には、年度毎に支援事業地域における活動結果(猫の管理状況等)を区に報告していただきます。

助成内容

手術費の助成額(猫1頭当たり)

協力獣医師で手術を受ける場合に以下の金額を助成します。

  • オス 1万5千円
  • メス 2万5千円(妊娠中 3万5千円)

 上記は助成の上限金額です。

■江戸川区のペットシッター出張エリア

一之江 /  一之江町 / 宇喜田町 / 江戸川 / 大杉 / 興宮町 / 上一色 / 上篠崎 / 北葛西 / 北小岩 / 北篠崎 / 小松川 / 鹿骨 / 鹿骨町 / 篠崎町 / 下篠崎町清新町 / 中央 / 中葛西 / 新堀 / 西一之江 / 西葛西 / 西小岩西小松川町 / 西篠崎 / 西瑞江 / 二之江町 / 春江町 / 東葛西 / 東小岩 / 東小松川 /  東篠崎 / 東篠崎町 / 東松本東瑞江 / 平井 / 船堀 / 堀江町 / 本一色 / 松江 / 松島 / 松本 / 瑞江 /  南葛西 / 南小岩 / 南篠崎町 / 谷河内 / 臨海町

 

 

 

 

-ペットコラム
-, , , , ,