東京23区出張OK|年中無休
トゥトゥサービス

東京23区ペットシッター・散歩代行丨トゥトゥサービス

 070-5020-1122

お電話受付 9:00~21:00
ご予約
             

ペットのお留守番中のストレス調査と対処法

2019/02/09

ペットのお留守番中のストレス調査と対処法

 

こんにちは!

ペットシッターのトゥトゥサービスです。
今回は、ペットにお留守番させたときのストレス調査についてご紹介します。

世界で最も人気の新聞サイト「MailOnline」(メイルオンライン)の記事によると、ワンちゃんはひとりぼっちの時に大きなストレスを感じている、と伝えています。

英国動物虐待防止協会のペット学者アリス・ポッターさんは、MailOnlineにこう伝えました。

「飼い主がいない状態に対する反応は、いなくなって30分以内、早くて数分で始まります。」「よくあるリアクションは、飼い主が出ていったドアに対する破壊的な行動、様々に吠えること、そして、ウンコやオシッコです。」「それほど頻繁ではないけれども行われることは、よだれを大量に流すこと、自傷行為、なにかを繰り返し行うこと、また嘔吐です。」

ちょっとしたお出かけやお仕事に行く度に、こんなにペットにストレスを感じさせてしまうのはとても心配ですね。

 

そこで、アリス・ポッターさんは、お留守番のストレスを軽減する方法を紹介しています。

「もしワンちゃんがトイレをしていたり、破壊的であったとしても叱ってはいけません。なぜなら、叱ってしまうとワンちゃんはひとりになることがもっと不安になったり、飼い主との関係を悪くしてしまうからです。また、出かける前に餌をあげたり、遊んであげると、ワンちゃんはもっとリラックスしてお留守番できるでしょう。」

お留守番のストレスを和らげるためには、事前に遊んであげることが大事なのですね。

飼い主のみなさま、ぜひ会社や学校に行く前に、ちょっとだけワンちゃんとコミュニケーションを取る時間を作ってあげてください。

 

長期間のお留守番をさせるときは、ペットシッターもぜひご検討ください。お散歩をしたり、遊んであげることで、ワンちゃんのストレス解消のお手伝いをができたらいいなと思います。

 

東京都23区出張OK トゥトゥサービス

ご予約

参考記事:

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4432134/What-happens-dog-leave-alone.html

 

 


 

 

 

-ペットコラム